■FX攻略:通貨の金利差で利益を出すことが可能

決して難しく考える必要は無く、FXは誰でも始めることが出来ます。
しかしその前に知っておかなければいけないこともあります。

 

FXの取引に対してそこまで時間をかけられない場合、または気長に慎重に資産を増やしたいと思っている人が多くいます。
そのような方に適しているのがスワップ狙いと呼ばれている取引スタイルとなります。
スワップ狙いを進めていくことによって、利益として大きく望むことは正直出来ないことでしょう。
しかしレバレッジの1〜3倍程度の取引によりまして、通貨の金利差を使って利益を出していくことが可能なのです。

 

デイトレードと呼ばれている取引方法は、一日の中で最も利益が出ると考えられる大きい波を予測し取引をする必要があります。
そしてその時間帯を予測していくことが、このデイトレードでは大事なことになります。



■FX攻略:通貨の金利差で利益を出すことが可能ブログ:2018-12-17

さつまいもって、
何となく太る印象の方が強かったんですが、
シェイプアップにはもってこいなんですよね!

昔から
さつまいもは食物繊維の塊なので、
便秘解消に効果的と言われてきました。

子どもの頃には、
「さつまいもを食べるとオナラが出る」
なんて我慢した方も多いかもしれませんが…

食物繊維が多いというだけでも、
シェイプアップに向いている食材なんです。

それに、さつまいもって
実はそんなにカロリーが高くないんですよね。
ライスよりもカロリーが低いくらいなんです。

一般的なさつまいもシェイプアップの方法は、
24時間三食の中の一食の主食を、
蒸かしたさつまいもにするというものです。

つまり、24時間一食だけ、
ライスや菓子パンの代替食品として、
さつまいもを食べるということになります。

さつまいもの調理法は焼いても蒸してもいいのです。
でも、蒸した方が適度な水分を保てるので
シェイプアップには良いと思います。

また、皮も一緒に食べると
一層、シェイプアップ効果が期待できますよ。

連日一人分だけさつまいもを蒸すのが面倒なら、
まとめて蒸して冷凍して、食べる時にレンジで温めてもいいですね。
それに、濡らしたペーパータオルを巻いて、
その上からラップで包んで、チンしても
蒸かしさつまいもを作ることができますよ。

どうしても間食が我慢できないという方は、
おかしの代わりに、蒸かしさつまいもを食べるのもオススメです。

おかしやショートケーキよりは、
さつまいもの方が、断然低カロリーで食物繊維や栄養がとれます。
少量でもウエストが満足しますので、食べ過ぎも防いでくれますよ!